« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.20

おもしろ一級ルポ。

集合時間15分前に大道にある高校に到着。自家用車乗り入れ禁止だったので妹に送ってもらう。
既に多くの受験者がならんで待っている。胸がドキドキしてきた。しかし、学生がほとんどで
みんなグループで来ているらしくなんか遠足気分。いいなあ、俺も三級受けたいよ・・・・

で、教室に入ると数人が着席していて必死に問題集やら英字新聞やらを見ている。
その中にひとり、大柄のおばちゃんが何度も机と椅子の安定度を確かめながら席を
移動している。ガタガタ!ガタガタ!私はスピーカーの位置を確認して左耳から入るような位置を選ぶ。
そしたら、そのおばちゃんが「あら、こんにちわ」と言って、入ってきたばかりのおばちゃん2に
声を掛ける。

「ふーん、知り合いかぁ・・・」そう思っていると今度は前に座った女性が私のうしろにいる女性に
手を振っている。

「なーーんだ、あんたらも友達かい!」そういう光景をその後何度か目撃し、ハタと気づいた。
そうか・・・一級受験者はリピーターになるんだと。。。。。改めて自分の気楽さにあきれてしまった。

みんなが直前勉強している中、私は暇なので(自分は直前は本は開かない)受験者をカテゴライズ&
プロファイリングをしてみました。
まず、人種は三種。 まず第一にいつも最大の割合を占めるおばちゃんパワー。
(ゆっときますが私は入れてません。ぷ)。
間違いなく、英語の私塾を持っていて本だけで英語を身につけて来た「ブックスマートタイプ」。
会話はイマイチだが、読解、英作に長ける。融通があまり利かない。

次に「若いのにもう一級なんて受けるんですか?」といいたくなる「ジーニアス&geekタイプ」
もうね、背後から聞こえてきた二人の若者の会話はやけに学者っぽくてとても排他的。

そして最後が帰国子女アンド海外赴任経験者型。
私の両隣りがまさにこのカテゴリーで、左のおじさまは経済関係とリスニングが強そうで、自宅では
奥さんと赴任先の中米で覚えたサルサを踊ってそうなそんな雰囲気。

そして試験開始。語彙問題25問。いい調子!!・・・・(さあ、帰ったらおいしいもの食べたいナァ☆)
次の空所補充、余裕!!ひとつ選択に苦労したがなんとかクリア・・・・・(のびちゃんなんしよんかなぁ)

既にお気づきでしょうが、これが私のクセ。問題を集中して解けるのですが、設問が終わるたびに試験後の
お楽しみが次々と溢れてくるのです。とほほ。

そして次の長文読解。(~ヘ~;) う~んやはり手強い。。。。。二択までは絞れるんだがそれが巧みなトリックが
隠されていてなかなか一つに絞れない。くやしい。。。
やっとこさ、その設問もなんとか解答を決定した・・・・・・(来週はス・ポ・パ☆ テーブルとおやつと・・・)

そして時計を見た!!( ̄□ ̄;)!! やばい!時間を取りすぎた!エッセイの時間があと15分しかない!!
私は焦るともう収拾がつかなくなる。そう集中力が一気にはじけて飛び散ってしまうのだ。。。

そして、第二のクセ。。。。そう、焦ると前方に座っている人のトレーナーや持ち物などの文字が目に
飛び込んでくるクセ。
活字があるとどうしても読んでしまう。前回の英検の時もあと五分というところで斜め前の人のピンクの
トレーナーのバックプリントの犬三匹がずっと私を見ていた。「BOW WOW」の活字とともに・・・
で、今回は激しかった!!はやり斜め前にいた若者くんが着ていたきしゃねートレーナー。
な、なんとバックには 「You Got an Attitude!!」・・・・「おまえ態度わるいぞ!」

心の中で 「SO WHAT?」 と言い返した。バックプリントにtalkbackする私もどうかと思いますが
もうこうなったらダメなんですよ!もう集中が戻るまで時間がかかるんですよ(T_T)

でも、こんなことで7500円無駄にしたくないし(やっぱりそれかい!)、やるだけやらなきゃ報われないぞ!
と言い聞かせながら、なんとかエッセイも仕上げやっと終了・・・・・・・(服買いにい~こぉっと☆)

そしてリスニング!得意としていたリスニングですがはやり一級。なんちいよんかわからんやねーかー。
ナチュラルスピードよりも速かったってビビエスでもみんな怒ってるぞ!!速聴プログラムに参加してんじゃ
ねーーんだど!こらぁ!←やはりお前は態度が悪い。

で、すべて終了後一番に退室してバス停までスキップして帰りました☆

そういうわけで本日、答え合わせをしましたが微妙な線で不合格の模様。エッセイで何点とれるかが問題ですが。
でも、試験自体は面白かったです!次回は必ず合格できそうなそんな感じです。
あとは試験中に現れるあの二つのクセだけはなにがなんでも克服したい。。。と強く思う次第でございます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.10

初めてのCD.

先日のトキハゴーバンライヴを観にきてくれたご近所さんがいる。
今日たまたま会って話したんだけど、なんと一緒に観てくれた四年生の娘さんに、
カーペンターズのCDをせがまれ先週買ってあげたらしい。
生まれて初めて手にしたCDがカーペンターズ。イカシタ小学生だ。
それ以来、彼女がヘビーローテで聴きまくっているというのを聞いてちょっと私の中学時代を思い出した。

大阪の中学校。2年13組。クラスメイトに「スター誕生」マニアがいた。
そう、オーディションを受けるマニア。いつも落ちて記念品のボールペンをもらって帰ってくる。
その彼女がある日、英語の歌を教室で披露したのが、カーペンターズの「プリーズミスターポストマン」。
今思えば彼女は耳が良かったんだろうなぁ、めっちゃかっこよかった!

「英語いつも欠点ちゃうんけ、自分!なんでこんな上手いねんな??(笑)」ある意味ショック。

身近な人間が英語で歌うのを見たのは初めてでそのときに英語で歌うことに強い「憧れ」を持った。
それから、毎日学校で歌ってもらってた。聴くたびに胸がドキドキわくわくした。
結局彼女の夢は叶うことなく散ってしまい、母親の再婚で違う町へ。

そして寂しさをかみしめる間もなくローラーズ旋風アンド受験。
カーペンターズのレコードを買うつもりが気がつけばローラーズ。。
彼女のように歌ってみたいという思いが、気がつけばローラーズに置き換えられ・・・
辞書を片手に意味を調べ、レコードを何度もかけては英語のリエゾンの謎と格闘してました(笑)

というわけで私が初めて買った洋楽はBCRというちっとも面白くもない結末を迎えてしまった今日の
ブログですが、要するに私が彼女に影響を受けたと同様に、小4の女の子が多少なりとも私の歌で
何かが変わったとしたらそれはとてもうれしいことだなと思ったんですよね!

最近、good old daysを思い出すことがよくあるけれど、そのなかでもとりわけ彼女の「ポストマン」
はできることならもう一度聴いてみたい。。。

PS.参考のために、私が最初に買った邦楽レコードは郷ひろみの「男の子女の子」でしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

Just married!

今日10月5日は、これからのびみりの結婚記念日になります。
そうです、本日ふたりで入籍をしてきました。いい年して(笑)
もう、たぶん?死ぬまで彼と一緒だろうから覚悟を決めて頑張ろうと思います←それはむしろ相方の台詞。

しかし、のろけるわけじゃないけど、やはりうちらは仲がいい。たぶん標準夫婦よりかなり仲がいい。
精神科医には軽く「それは共依存でしょ」なんて言われそうですが(笑)たぶん違います。。。
ま、共依存だろうが、勘違い夫婦だろうが、おめでたい夫婦だろうが、わたしは。。。。

一日の終わりに「my day」を語り合える相手がいることが何よりの幸せだと思います。

これからまたいろんなことが起きるでしょう。そして一喜一憂をくり返しながら精神の修行を積み重ね、
「あーー、いい人生だった」って言って帰っていきたいですね。

頑張ります。とりあえず「結婚」のマーキングとして話題にさせていただきました。ありがとう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »